ユースホステルは洗練されてる

鳴呼、小川町~川越辺りで代々木公園のアーモンドホステルアンドカフェみたいな、ニュートラルベースのマルチチャネルプラットフォーム作りてえ。


まず性別という社会的な壁という概念がなく、人として信頼関係を作り、家族血族という壁もない。全てをシェアベースでデジタルハックを最大限できれば、多分ランニングコストがほぼゼロに近づく事が技術的には可能と思う。

じゃあなんでそれが可能になってないかはまだそこを駆使できてないから。お金をハックしてそれを実現するというのはそれこそ経済的自由とポジティブに捉えられるが、裏を返せばそれこそお金依存と思う。


そうじゃなくて、デジタル全般とか情報を100倍か1000倍にブラッシュアップするアプローチ。


堀江さんはホテルに転々?と住んでいて、今は新型のやつでマンスリー借りてるみたいな話も、ホテルの無駄が多すぎるみたいな話してる。ホテルは高いけど過剰なサービス多いみたいな。


他の人も、ホテルとか広すぎる部屋よりは一部屋みたいな狭い部屋の方がいいみたいなめっさ金持ちの人も言ってた。確かに移動の行き来とか所有してたらメンテナンスも広ければ大変も一部屋なら楽。

って考えたら、多分稼働率の観点から、車の稼働率が実はめちゃくちゃ低くて、その為に無駄にほぼ使ってないのにランニングコストかけてるように、家も稼働率の観点で言ったら、そこを高めて行くと、僕は足を伸ばして過ごせる位で実は十分説を打ち立てた。


なんでかというと、もはやそれこそシェアリングの時代に、モノを溜め込むというのはしなくて良くなったというか、より少ない持たない暮らしが多くの人が選択すれば簡単にできるようになった。なぜならフリマアプリであさがりを服から家電から本から買って、不要になったらまたフリマで売る。ゲームとか。


ゲームや本も終わったらすぐ売れば、定価の3割位でやれる。売れば持たなくてもいい。昔はそういうマッチングができなかったから、二束三文で近くのリサイクルショップに処分するしかなかったから保管とかしてた

けど、保管もしなくて良くなった。寺田倉庫さんのサマリーポケットなんかに預けてもいい。

多分マンションやタワマンもユースホステルもシェアという意味では本質は同じなんよね。なんで前者は大きいかというと、大きい=豊かさという昔の価値観から来てるんと思う。


勝手な推測だけど、昔は農業してて保管の観点から大きい家ほど貯蔵の観点から富の象徴だったけど、スマホ革命後逆転してるんと思う。


なんで、稼働率の観点からは実はマンションとかは無駄に広く稼働率低いがゆえに無駄が多いからその分でかい。ユースホステルなんかはぎゅっと凝縮されてるけど、空間の稼働率は高い。

大体家にいる時は布団に寝っ転がってるから、それができる布団の空間だけでいい。それで飲み食いや作業を机でする場合は共有スペースが、ここだと1階のカフェがあるからそこ使う。

もっと言うと食事のシェアやシャワーしかないけど、湯船のシェアや洗濯も各自専用ネットを設けて、一緒に洗ってもいいって人はクリーニングのシェアも可能と思う。

そうすると、洗濯乾燥とか風呂洗ったり部屋の掃除とかシステムがやりたくない事をやらなくてもいいようになる つづく

ユースホステルは洗練されてる

鳴呼、小川町~川越辺りで代々木公園のアーモンドホステルアンドカフェみたいな、ニュートラルベースのマルチチャネルプラットフォーム作りてえ。


まず性別という社会的な壁という概念がなく、人として信頼関係を作り、家族血族という壁もない。全てをシェアベースでデジタルハックを最大限できれば、多分ランニングコストがほぼゼロに近づく事が技術的には可能と思う。

じゃあなんでそれが可能になってないかはまだそこを駆使できてないから。お金をハックしてそれを実現するというのはそれこそ経済的自由とポジティブに捉えられるが、裏を返せばそれこそお金依存と思う。


そうじゃなくて、デジタル全般とか情報を100倍か1000倍にブラッシュアップするアプローチ。


堀江さんはホテルに転々?と住んでいて、今は新型のやつでマンスリー借りてるみたいな話も、ホテルの無駄が多すぎるみたいな話してる。ホテルは高いけど過剰なサービス多いみたいな。


他の人も、ホテルとか広すぎる部屋よりは一部屋みたいな狭い部屋の方がいいみたいなめっさ金持ちの人も言ってた。確かに移動の行き来とか所有してたらメンテナンスも広ければ大変も一部屋なら楽。

って考えたら、多分稼働率の観点から、車の稼働率が実はめちゃくちゃ低くて、その為に無駄にほぼ使ってないのにランニングコストかけてるように、家も稼働率の観点で言ったら、そこを高めて行くと、僕は足を伸ばして過ごせる位で実は十分説を打ち立てた。


なんでかというと、もはやそれこそシェアリングの時代に、モノを溜め込むというのはしなくて良くなったというか、より少ない持たない暮らしが多くの人が選択すれば簡単にできるようになった。なぜならフリマアプリであさがりを服から家電から本から買って、不要になったらまたフリマで売る。ゲームとか。


ゲームや本も終わったらすぐ売れば、定価の3割位でやれる。売れば持たなくてもいい。昔はそういうマッチングができなかったから、二束三文で近くのリサイクルショップに処分するしかなかったから保管とかしてた

けど、保管もしなくて良くなった。寺田倉庫さんのサマリーポケットなんかに預けてもいい。

多分マンションやタワマンもユースホステルもシェアという意味では本質は同じなんよね。なんで前者は大きいかというと、大きい=豊かさという昔の価値観から来てるんと思う。


勝手な推測だけど、昔は農業してて保管の観点から大きい家ほど貯蔵の観点から富の象徴だったけど、スマホ革命後逆転してるんと思う。


なんで、稼働率の観点からは実はマンションとかは無駄に広く稼働率低いがゆえに無駄が多いからその分でかい。ユースホステルなんかはぎゅっと凝縮されてるけど、空間の稼働率は高い。

大体家にいる時は布団に寝っ転がってるから、それができる布団の空間だけでいい。それで飲み食いや作業を机でする場合は共有スペースが、ここだと1階のカフェがあるからそこ使う。

もっと言うと食事のシェアやシャワーしかないけど、湯船のシェアや洗濯も各自専用ネットを設けて、一緒に洗ってもいいって人はクリーニングのシェアも可能と思う。

そうすると、洗濯乾燥とか風呂洗ったり部屋の掃除とかシステムがやりたくない事をやらなくてもいいようになる つづく

安全最優先

個人レベルの細かい最適化はすごいと思うけど,1件でも多くやる事,スピーディを追求する事に関しては僕は真反対の価値観を持ってるので懐疑的です.みんな,マリオカートや,F1レース,数字で尺度されるわかりやすさで凄さを測りますし,それは客観的でわかりやすい数字はグローバルな共通言語ですから,売上やスピードみたいなのを追求し,そして承認欲求を得ます.それは価値観であって原則ではないんすよね.原則ベースなら個人や組織は繁栄する.価値観は違う.このケースだと,「速く配達,多くの稼ぎ=クール」という価値観は,単なる価値観でそれをベースにすると遅かれ早かれ個人も組織も足元すくわれると僕は個人的に考えます.他人はそれで事故って死のうが他人は他人で変えられないので全く興味ないです.メディアもより多くの人達から観られるようにグローバルな共通言語である数字で測られる結果を持ってる人たちをクローズアップします.なぜなら,そうしないとほとんどの人達は食いつかないから.一般の人達は「月収6万円の配達員の工夫」なる特集は観ないけど,「月収100万円の配達員の工夫」は見る.最近プロ野球で詰まったような球でもホームランになってたりしてるが,僕はなんとなくボールが飛びやすくなってる説を肌ベースで感じるが,何故かは,ホームランの方が誰もが分かるから.「試合を決めた逆転ホームラン」の10秒動画の方が,「サードのリードのうまさ」がわかる技術的な10秒より遥かにみんな食いつく.

僕は事故を誘発しない持続可能なシステム構築のフェーズにフードデリバリーは来てると考える.その局面は, 「安全最優先」という原則がベースになる.「速い配達,効率化,より多くの稼ぎ=クール」という価値観は終わった. なぜならば,ウーバーイーツとか今で言うとchompy,menu,出前○周辺もそうだけど,こんなん昔からあった出前の単なるデジタル化に過ぎなくて,なんも革命的でもないんですよね.全てのものがデジタル化するひとつに過ぎなくて,そんなんを急拡大,業績あげて株価を上げたり株主が喜ぶ云々の為に,危ない思いをしてまでその価値観にそってやる必要は全くないです.それくらいならもはや淘汰してもいいと僕は正直思ってます.本来はそこはラストワンマイルの自動化に切り替えられるはずで,それ以外の方向ってレジが自動釣銭機にガラパゴスアップデートしたみたいな感じで筋良くないんすよね.

堀江さんは自転車のデリバリーは危ないって度々言ってるけど,まあ辞めるのが本来最善手なんすよね.考えて突き詰めると

電車最高

  そもそも「乗り鉄」なんて概念なかったが,幼稚園入る前から,霞ヶ関から武蔵小杉まで1人で電車乗って行く位僕は電車が好きだった.

 

 

 

  乗るのが好きなんよね.なんで好きは割愛するけど,匿名性の空間とお互い知らないという距離感の遠さが僕は心地よかったんと思う.逆にワンピースみたいな馴れ合いなベタっとした間隔はもう無理だし,それやんなくてもそういう古臭い環境はスクリーニングできるし,いくらでも移動可能になった.

 

 

 

 

   30年以上経っても,やはり電車に乗るというのは,僕にとっては最高のエンタメだったのが改めて9:16元町中華街行きの坂戸駅からのに乗って思った.

 

 

 

 

  昔は読書してた.けど今はスマホがある.イヤホンして帽子を深く被ってスマホに集中してれば,外側のストレス的なノイズは気にならない.

 

 

 

 

  外側に散漫になってるのは,自分の内側に集中してないから.しかし,散漫になっても電車の中で瞑想できる.528hzのミュージック聴いて,呼吸に集中できる.

 

 

 

 

   外側に散漫になっていた気を,呼吸に集中する事で内側に集中できる. 実は坂戸~渋谷間は坂戸~池袋駅と距離は違うけど,時間はあんまり変わんなくてちょうど1時間少し着るくらい.

 

 

 

 

ただ1時間でもそれ以上でも,音楽聴いてスマホ集中してるとあっという間. 家でダメになるソファでくつろいでても,トイレにいても,今みたいにセブンのイートインにいても,電車に乗っててもバスに乗っててもやる事は同じ,スマホ.場所は全く関係ない時代になった.スマホは物理的な空間を超越してるという事.

服手洗い最適解説

実は洗濯用洗剤いらないんじゃないか説、最近手洗いでたまに服を洗ったりしていて、なぜなら引っ越し先で、洗濯機がなかったんだけど、買わなくていいよねっていう風に、近くにコインランドリーが何件もあって思うようになった今日やったのは来福をすぐにお風呂場で洗ってすぐ干してしまえばすぐに乾くということ

 

 

 

例えば,二時ぐらいに来ていたシャツを,帰ってきてすぐに洗って干してまたもう一度外に出てたら十八時台の今現在でもう既に乾いてた.

そんな感じで,すぐに洗ってしまえば,洗濯機もいらない.

それで今日思ったのが,洗剤も別に必要ないんじゃないかなっていう風に思った.

というのは,多分,洗剤はかなり汚れている場合などは有効だと思うんですけれども,ちょっと汗かいたぐらいのTシャツをすぐに洗えば洗剤は必要ないんじゃないかなっていう風に思えました.

一方で,トランクスとか汚れものの場合は靴下とかは洗剤が必要なんじゃないかなっていう風に百の用途によって違うんじゃないかなっていう風に手洗いをして思いました.

なので,すぐに脱いだら洗濯というか,簡単に水で洗って干してしまえば良くて,もしそれが面倒くさくて後回しになって溜まってしまった場合は,まとめて近くのコインランドリーで洗濯してしまえばいい訳です.

そう言う風にしていくと,多分,洗濯機をあえて買う必要性はないんじゃないかなっていう風に思いました。

そうすると、洗濯機を所有するっていうライフスタイルから解放されるんですけれども,そうすると,多分,自分自身の流動性も高まると思うんですよね.

例えば,ドラム式の洗濯機は八十キロとかかなり重いらしいんですが,引越しの場合に,その重たい選択式が味方になって,流動性が低くなる可能性があります.

だけど,そもそも洗濯機がなければ,かなり流動性が高まるのかなっていう風に思いました.

それは多分,冷蔵庫にも言えることだと思うのですが,そう言う訳で,別に所有する必要性はもはやないんじゃないかなっていう風に思いました.

それは,自分たちの親の世代が洗濯機が家に一台あったりとかしていて,他の家とかもうみんなそういう風にしているから,無無思考でそういうライフスタイルを選んでいるという感じなのかなっていう風に思いました.

例えば昔って十人家族とか七人家族みたいなのが当たり前の世の中だかっだったからたくさんの衣類が一日洗うのが大変だったからそれ つづく

カラオケの鉄人

恵比寿のカラオケの鉄人出てるワークパスを使って十八時半まで一時間ぐらい休憩しに来ました.

 


f:id:taka7187:20200707174208j:image

ドリンクバーも飲み放題で一ヶ月で四千円位なので,休憩所としてかなりお得感があると思います.

一昨日,高城剛さんの健康の本でミョウガ炭酸飲料は良くないみたいなのを本で読んだんですけど,やっぱり炭酸はやめられないなっていう風にそこはちょっと素敵な主義に陥っています.

もう一個はウーロン茶です.カラオケの鉄人が、カラ鉄goみたいなのを始めたらしく、事前決済が部屋でできるみたいな話です。

 


f:id:taka7187:20200707174220j:image

 

お互いの無駄な時間が省けていいという風に店員さんが言ってました。全てのお店はこういう風にデジタル化になれば決済とか会計で手間かかることもないし、オーダーだってそのアプリで注文してっていう風にやれば本来注文取りに来る必要もないと思うんですが...

 

 

こちらの文章はSimejiの音声入力で書いておりますので環境によって誤字脱字がかなりあるかと思いますがご了承ください @ カラオケの鉄人 恵比寿店

【地方の時代とGとLの概念の関係について】


【地方の時代とGとLの概念の関係について


異文化コミュニケーションについて研究しようと今日川越で約4時間フットサルして思った。

具体的には、「L」と「G」についてのコミュニケーション。ざっくり。これは別世界なんだなと坂戸に来てなんとなく思った。
前は板橋区に住んでた。

GとLは佐々木俊尚さんと冨山和彦さんとかが本とか出してて何となく言葉というか、そういう概念みたいなのはあるんだなと思った。

けど、これはかなり自分の生活に即した話と思った。そこに対する理解不足は誤解として不和を生じる。

これは自分のパラダイムから来ている。だから、それについて正しく学ぶ事は自分が今後色んな地域で生活すると考える上で大事と考えた。

要はGとLの領域があり、人や組織やコミュニティはざっきりどちらかに分別される。僕はこれは水と油みたいな世界と今日思った。右脳と左脳。大和言葉と論理語。エモーショナルとロジカルみたいな分野でそこは交わる事はない。

ここらへんにきて、多様性がないが、多様性というのもG側の特性みたいな事なのかなと思った。その特性をL側に求めるという事は、プロ野球で例えると、清宮幸太郎選手に足の速さを求めるようなものだと思った。

彼の父親がテレビのインタビューで、清宮選手は足がそんなに速くなくてなどと走塁が弱点ではないかという言及に対して、「ホームランを打ったらゆっくり帰って来れるからね」と返した。

または、小技の効く繋ぐ意識の高い選手に対してホームランを求めるようなものだ。多分範囲が違うんですよね。佐々木俊尚さんが家入一真さんとの対談で、地方には地方の言語があるという話をしてた。

それは方言ではなくて、不文律のようなローカライズなコミュニケーションのような。それは堀江さんと世界的なアーティストの立花隆さんとのニュースピックスでの対談で話してたんだけど、世界中で立花隆さんは景気がいい地域にInstagramから連絡があり仕事にいくみたいな話で、その地域ごとに不文律みたいなのがあって、例えばショバ代を払わないとそこではビジネス展開は簡単ではなく、各地域で手広くビジネスを展開してる企業はその不文律を理解しているからで、日本人はその理解不足というか苦手みたいな話をしてた。多分そんな感じで日本の中にもそういうのがあるんだなと。

なぜなら、元々日本は今はひとつだけど、昔は各藩とかで独立してた。それってなんとなくヨーロッパの国々が1つになってEUになったみたいなのと同じなんかなと個人的に思った。

そういう訳で、実は日本の中にも各地域があり、今はヨーロッパの人がEU圏内を自由に行き来できるように日本も各県を自由、実は各国ごとに別れていて、それぞれの言語がある。

佐々木俊尚さんが多拠点生活で福井県の小浜町かと東京と軽井沢の3拠点を行き来してるらしいんだけど、なんでそこに留まってるかというと、その地域のパイプ役がいるからということらしい。

小浜町が地元でそこの言語も話せて、東京とかから来た人ともコミュニケーションが取れるのと、役所みたいな所とのコミュニケーションもできるその地元の人の存在が大きいみたいな話をしていた。

それは地方のなまりがあるとかの話じゃ多分ない。プログラミング言語と会計の言語とみたいな話。この2つは同じ日本語なんだけど、言語としては領域が違う。

それってまさに異文化コミュニケーションみたいな話なんかなと思った。大学の時にそう言う単位の選択制の授業があり、それって日本と海外の対立軸の話なんかなと思ってたけど、多分違う。

埼玉県民からして「池袋より先は外国」ってずっと昔に母親が幼少の時に言ってて、それは埼玉県を自虐するもんかなと思ってたけど、まさにそんな感じなんかなと。要は各地域がそれぞれ外国だった。

その間の異文化コミュニケーションみたいな話。その理解なしに多分そこに住むというのは自分がフィットできないんと思う。確かに物理的には家賃を借りて住むことは可能だ。

けど、一時的には難なくやり過ごせてもいずれ不調和がその理解なしに自分のパラダイムの不正確さから誤解して現れるんと思うんですよね。だから、そこに関しての正確なパラダイムというレンズをかけることで、曇ったパラダイムのレンズから物事をみて歪んで見れるより、より正確にその文化の中での理解に務めることができる個人的に考えました。

それで自分がGなのかLなのかまず理解する事が大事で、それはどちらがいいとか良くないとかいう話ではなく、そういう評価は全くなしにあくまでもどちらも中立です。

ただ、自分がG側の場合、L側の理解不足から、そこの人や組織やコミュニティにおいて問題が生まれるように思えました。それは相手など外側が問題ではなく、自分自身の理解不足というパラダイムの不正確さが問題と僕は考えます。

かと言って自分の特性をGからLに、または、その反対のように変化させるのも違うのかなと思っていて、それは違う領域の理解が大事だと思いました。Gの人がLの環境に移ったとして、Lのように自分を変化させるのは、ホームランバッターの清宮幸太郎選手を赤星さんのように盗塁王を目指すように突如変えるようなものなのかなと。

自分の特性はそのままでいいんだけど、反対側の理解するみたいな。当たり前の話かもですが、日本のどこの出身かでそこの文化的なものは違うのですが、それは日本というくくりがあるものの、実は外国のそれと同じように全く違うということなのかなと。

今日やってて思ったのは、自分と同じ領域の人と付き合えば滑らかだわと思ったんですが、こう考えるとそういうスクリーニングするのはちょっと違うのかなと思いました。

両方の領域の人達とストレスなくコミュニケーションを取りたいです。それは英語やスペイン語を話せるようになろうという話ではないです。なんでそういうの全く考えた事もなかったんですけど、色々目の当たりにして、冨山和彦さんや佐々木俊尚さんなど、それについて本を出してる人達をフォローしたり立ち読みとかして、自分なりに考えます。

ここの辺はインフルエンサーとかは考えなくはないだろうけど、僕は興味があり、そうじゃなかったりすると考えてくれないので、それは自分で調べたりして考えるしかないです。適当に考えて、上のお二方とかの情報発信とか本とかと自分の考えをすり合わせる。

高速損切りの時代

トランプカードゲームの大貧民で革命が起きて、3がエース、エースが3みたいになったように、スマホ革命以降、高速損切りがエースと思う。

けど、僕も含めてほとんど多くの人が高速損切りは簡単なことではない。なぜなら、それは変化するという事で、大なり小なりの変化なんだけれども、みんな同じような状態が楽だからいいと思う。

僕は機会があって、それが良くない場合、高速損切りして、その時は色々考えたりするけど、次の日以降はそれについてきっぱり考えない事が大事だと思う。なぜなら、翌日以降にそれについて色々考えた所でらちがあかないから。

当日でスパッと切る。けどこれは簡単にはできない。けど、これは行動の数とか打席数によるのかなと思った。

例えば1打席しか与えられなかったら、それで打てなかった場合、それ以降色々考えたりしてしまう。あの時真ん中に甘い球来たけど打ち損じてしまったとか事あることにくちくち考える。

一方で、極端な話、5万打席今までにたった人はそんなこと一々考えないんだと思う。5600打席目の甘い球がとか多分考えないのかな。、

って考えると多分打席数をめちゃくちゃ高くする事でそれがなくなるんかなと思った。まず暇だから時間があるからってのもあるんだけど、例えば僕はお酒を飲まないんだけど、1つのコミュニティで一本足打法的にスナックでもいつも飲んでて、嫌な思いをしてたとする。

けど、そこしか行ってないと嫌な思いをしてつまんな人とかおもんない人とかと正直飲みたくないんだけど、まあ、少し楽しい人もいるからと惰性でそこに行って飲んで、時にはイラつき、ストレスになり、時に楽しい思いをしたりする。

一方で、500個のコミュニティがあり、どこのコミュニティでも楽しくお酒が飲めるとする。けど、1つのコミュニティが正直おもんなかったりする。ぶっちゃけ距離を置きたいわと思ったらその人は多分そのコミュニティを高速損切り割と簡単にできる。

なぜなら、1つのコミュニティを今後行かないと決めたとしても、他のコミュニティは499個あるから、そこでまたどっか飲めばいい。

これは多分スマホ革命以降、世の中に無数にあるコミュニティに簡単にスマホで入る事が可能になった。後はそこに行く気があるかないかみたいな本人のモチベの問題だけなんと思う。

だけど、昔は多分閉鎖的なコミュニティでコミュニティ間が断絶されてたんと思う。今でもその名残は残ってるんと思う。

歴史とか全く勉強とかしてこなくてつたない知識であれなんすけど、昔は県の前に藩みたいなのがあって、その間を行き来するのが許されなかった。

例えばヤンキースに行った170キロ近いストレートを投げるど変態サウスポーのキューバの選手もアメリカに亡命してみたいなのも結構あるけど、あんな感じで亡命して他の藩にいくみたいな感じだった。

今は普通に各県自由に行き来できるんだけど、それも藩っていう1つのコミュニティで多分断絶されてた。

だけど、スマホでコミュニティの行き来が無限にできて、それは当たり前なんだけど、そうするとやっぱり今の時代は行動力だけが価値あるみたいな話をインフルエンサーの人が言ってるけど、打席数あげまくることがいいことなんと思う。

打席数低いとそう言う感じになっちゃうんよね。多分。仕事もプライベートも。まあ、もう仕事もプライベートもそういう壁はないっていう話なんだろうけど、それとっぱらって、打席数あげて高速損切り

ミスマッチ案件は9割とかがそうだともし考えたらそれについていちいち次の日以降も引きずってポジティブじゃなく考えるってことは、そこ損切りできない自分自身の流動性の高くない状況とかスマホとかデジタルとか情報が足りなかったりとか、完全に自分の責任だわ。外側は全く悪くない。自分が切れば済むんだから

ゆるい距離感

今日鶴ヶ島のフットサル行ったら以前毎日のように一緒にフットサルしてる人達が参加してて久しぶりに一緒に蹴った。5人位なんだけど、みんなうまくなってた。一般常識だと「年齢を重ねると共に体は衰えて、うまくなくなる」みたいなのがあるが、僕はそれは違うと思う。実際に彼らは4年くらい前より遥かにうまくなってるのは一緒にやっててわかるし、体も絞れてたり、僕はコロナ太り笑だったけど、アスリートのスポーツで昇華されたような人もいた。


僕も含めて「榎本マフィア」だ。今日思った。やっぱり、フットサルリゾートの前のフットサルポイントの時の店長からみんな繋がった。言ったら「フットサル大好きど変態お兄さんお姉さん」だ。僕もあれからずっとやってたし、あの人たちも同じようにフットサルをやってきてたみたい。


昨日実家のテレビを久しぶりに観て、目が悪くなったなといつもずっとスマホを観てる時は感じなかったけど思った。レーシックかICLをワンチャンやろうかなと。実はホリエモンチャンネルで寺田さんがICLをやったんだけど、ICLやろうってAbemaフレッシュでライブ配信で連投で書きまくった。僕もやるならICLやろうと思う。


そんな訳で、最初全く見えないし、そもそも僕はフットサルに行く時に基本的にフットサルと向き合って、どうやったら自分が良くなるかみたいな事とスマホしか考えないから、自分から話しかけたりしない。

例えば女子女子してる女の子がいたら勿論話しかけないのは当然で、なぜならば純粋にフットサルが好きでそれをしてるからで、純粋さと不純さは同時には内在しないからである。もしそうしてたら、そもそも飲み会とかそういうのに行けばいい話なわけで、違う。普通の人とも別に話しかけたりしない。それならYouTubeミュージックで「Looking back2」を聴きながら股関節のストレッチをしながらTwitterを見たり瞑想をして集中力を高める。


もちろん話しかけられたらちゃんと答える。ウーバーイーツとかやってて特に集中してる時に限って話しかけてくる人とかは基本的に聴こえてないふりとかをしてたけど、それはしない。

ここは結構駄文ぽいけど、自分の中では大事な所で、これは佐々木俊尚堀江貴文さんが今年の六本木ホリエモン万博での対談で言ってたけど、うす〜く付き合ってるみたいな話の事を言ってた。僕はこのゆるーい感覚というか人との距離感が絶妙に好きで、だから、個サルは自分に合ってると考える。

だけど、例えばチームとかなら違う。競技とかで同じ20人とかのチームならうす〜く付き合ったりできない。めっさ距離を踏み込まれて超絶だるいみたいなケースが起きるんだけど、個サルは基本的にみんな知らない同士、匿名性の中で、そういう距離感で純粋に好きなフットサルのゲームをやる。

佐々木俊尚さんがその対談で、会話の中でいい所取りをする繋がりみたいな話をしてたけど、まさにそれで、僕の中では、ゲームはその「いい所取り」なポイントな訳。


けど、ゲーム以外の時間に例えばべったりな距離感で会話をしようとは全く思わなくて、なぜなら繰り返しだけど音楽聴いてストレッチしながらスマホをみるってのと比較したらどう考えてもつまらない話はつまらないから。

けど別にその人が嫌いとかそういう訳じゃないんだけど、自分がその時したいのは股関節のストレッチだったり音楽聴きながらサイドからの仕掛けをひたすら練習したりとかしたいわけ。


だけど閉鎖的なコミュニティだと、例えばくそうざいけどその組織でちょっと立場がいいみたいな人がいて、全く付き合いたくないと思ってるんだけど話しかけたりする。そしたら、そういうゆるーい距離は保てなくなる。だから、個サルってそういうネットベースのゆるーい繋がりからいい所取りできるような自由度があるから心地よいから続くんですよね。閉鎖的なだるい人達と無理に付き合ったりとかなら無理ですもん。

まあそれでもそうやってずっとやってきた人達で、適度に話したりもしてきたからお互い知ってますが、今日は全く気づかなかったので、ちょっと失礼になってしまいました😅


まあ陰キャなんだそこの辺は多めに見てもらきます。だから一旦僕は上板橋とかにいって、まあそっちで色んな人のコミュニティで蹴らせてもらってまた地元の方に戻ってきたんすけど、やっぱりみんなまたどっかで縁があるから会ったりするんですよね。けど僕はフットサルのゲームをしてるなからで色んなアクションの中でお互い声をかけあったり、自然にでてくる反応同士のやり取りが心地よくて、別に無理な距離感で気を使ってみたいなのは前からやっぱり無理してやったりしてきて相当しんどかったですが、佐々木俊尚さんと堀江貴文さんの対談だと、どうやらそういう自分にとって自然な在り方でも全然OKな時代にスマホとかのデジタルのおかけでなってるようです。

 

https://youtu.be/Qf_TLVWHBPk

家は移動する

シェアリングエコノミーの時代に突き詰めると布団1枚敷ける程のスペースでいい。極論。

なぜなら、それ以外の所有はしなくても可能な時代になったから。


例えば洗濯機はコインランドリー。風呂はスーパー銭湯とか銭湯。冷蔵庫もその都度買ってきて食べる分だけ食べる。コンビニが冷蔵庫、冷凍庫。

ご飯はレンチンご飯。保存きくというか、これもまた食べる分だけ3個ずつとか買えばいい。炊飯器で炊くと食べきれなくて黄ばんだりするし、冷蔵庫に入れて保存もしんどいし終わったあと釜を洗うのもしんどい。

食器なんか紙皿。橋は割り箸100善138円とかでジェーソンで売ってる。箸は洗うのがめんどくさいからこれでいい。


なぜ広い家かは見栄と所有の為だ。所有やめると広くなくていい。

荷物なんかはサマリーポケットという倉庫に荷物を預けられるサービスがある。


これは160サイズのダンボールに月額400円で保管できるサービス。120サイズは250円。

写真撮影のコースは30点まで写真撮影してくれて、月額500円。アプリで撮影された商品をみて、ピックアップしてそれだけ取り出すとかできる。


160サイズに25キロ以下だけど、詰められるだけ荷物を入れられる。すごく荷物が入る。部屋はすっきりする。

大体要らないものは捨てるかヤフオクメルカリラクマで併売断捨離するか大型はジモティーでゼロ円でまとめて処分料かけずになくせる。

そんな訳で所有の時代において大きな家は保存や保管の機能を果たしてたので、大きいほど良かった。けど今サマリーポケットとかの保管代が安いので、都心に高い家賃や土地買って無駄なモノを保管するために家立てるより、そうゆうの使った方がリーズナブルと思う。

所有の時代はたくさん持っている=ステータスみたいないい価値だった。大貧民でいうエースみたいなカードの選択肢だったけど、同じカードを4枚出して「革命」を起こすと、エースは無価値の3のカードになって逆転する。


まさにあんな感じで多分スマホ革命みたいなのがそんな感じなんと思う。


それって大貧民で言うと革命起きてるのにブタのエースとかをしこしこ集めてるみたいな感じなんじゃないかな。

「みんなが持ってるから」ってエースである所有物を同じように所有するんだけど、そのエースは全く価値がなく単なるブタみたいな。

逆に足かせになるんよね。だってそれみんなやってるからって別にそれ純粋に心から欲しいわけではないが、ただ何となくみんなが同じ事してるから、正しいと思って所有するじゃないですか。


なんで布団1枚程のスペースの住まいとなると、それは自立運転可能と思うんすよ。


だから、それが移動勝手にしてたら定住しなくなるんじゃないか説。

手洗い最強説

服の手洗いをハックするとより流動性が高まり、自由な生活ができるんじゃないか説。

 

まず前提

自由=幸福

と自分の中で定義する。

 

ほぼ多くの人が洗濯機を所有し、

それで服を洗ってる。

 

ざっと見積って、90%以上の人がそうだろう。

 

言ったら常識だ。

 

けど、僕はその常識を一旦疑ってみる。

 

 

 

ケースとして。

 

 

まず、引っ越した先に洗濯機がない。

置けるけど、隣の人の洗濯機があって、

狭い道を通らないと行けないからかなりきつい。

 

 

そこで、コインランドリーを検討した。

 

幸いにも、近くにいくつかのコインランドリーがある。

 

乾燥機も充実してる。

1回300円。

 

 

 

でも、そもそも手洗いでよくね?

って思った。

 

 

なぜなら、コインランドリーまで行くのも

正直しんどくて、慣れてないから

億劫に感じるからだ。

 

 

という訳で、手洗いをハックしようと至った。

 

 

 

100円の風呂のオケを購入。

 

洗濯物は溜まってきたけど、さっき

4枚程洗って干した。

 

 

優先度の高い服だけまず洗う。

 

 

例えばトランクスとか着るのがなければ、

それをまず洗う。

 

 

靴下は夏用の198円3足のを5個くらい買ったから、まだストックはたくさんある。

 

 

 

だから、そういうのは後回し。

 

 

あと、よく着るNIKEの半袖も洗った。

 

 

1枚あたり、1分もかけないで洗い、

最後にまとめて4枚すすいで干した。

 

 

これで全く問題ないと思った。

 

 

 

 

なぜか?

 

 

 

これはケースによる。

 

 

例えば、あなたが10人家族だとする。

 

 

 

そしたら、10人分の洋服を毎日手洗いする。

これは量的に相当しんどい。

 

 

けど、一人暮らしならどうか?

その場合、服はそんなにないはずだ。

 

 

また服は今かなり安い。

 

例えばスポーツ用の半袖を297円で

ジェーソンで買った。

 

 

短パンはタカハシで290円とか。

 

 

靴下も1足60円前後。

 

 

それらをまとめ買いしておけば、

洗濯してなくて着れないと困ることはない。

 

 

 

よく着る服、例えば僕なんかはフットサルで

毎回着たい服なんかは帰ってきたら脱いで、

すぐ洗えばいい。

 

 

翌日フットサルがなければ、

次の日に洗えばいい。

 

 

 

 

なぜ手洗いか?

 

 

 

スマホの時代に流動性が飛躍的に高まった。

 

 

なので、所有はその足かせになる。

 

 

例えば40年定住する時代なら、

40万する高級なドラム式の洗濯乾燥機を

買うのは最善手と思う。

 

 

なぜなら、40年使うなら1年で1万しか

かからないから。

 

けど、流動性が高いスマホ革命以降の時代は

80キロとか超思いドラム式洗濯乾燥機を所有すると、例えば2年ごとに引っ越したりすると考えると、毎回それを移動するのは大変だ。

 

 

さらに冷蔵庫なんかもバカでかい冷蔵庫もそう。移動するのにはそぐわない。

 

 

引越し屋に外注すればとなるけど、それはそれでコストがかさむ。

 

 

冷蔵庫なんかも一升買いの法則で、その都度食べる分だけ買いに行くのが実は安かったりする。なぜなら、腐らせたり食べなかったりするし、その時食べたいなと思っていてもその後は自分の体調や食べたいものは繊細に変化してるからあんまり食べたくなくなったりするからだ。

 

だから、近くのコンビニやスーパーが冷蔵庫と考えれば、別に冷蔵庫もめちゃくちゃでかくなくてもいい。

 

昔はそれができなかったから、食事の保存は人類の長年の課題で、かんぶつとかそういう知恵が生まれたんと思う。

 

 

だから、冷蔵庫ってのはその課題を解決してくれる画期的なツールで大きなそれはありがたかった。

 

けど時代はかわって至る所に冷蔵庫はたくさんある。

 

 

第2の香川真司、鎌田大地は今後どんどん日本から出てくると予想


https://youtu.be/9MtjqMmg1Iw

 

 

DeepL翻訳ツール

 
 
It's so good. Soccer players don't use academic classroom studies at all, completely cut off from the next Shinji Kagawa and Daichi Kamata. Go for it. It's a good idea to cut down on that, double the speed on YouTube, and study, or rather know what you want to know, so you can practice soccer while doing that. For example, if you have Bluetooth earbuds from Daiso, you can put them on, and then add the 380 yen option for unlimited packets to the mineo 500mb Sim for 700 yen, you can practice YouTube and music while practicing and collecting music information. Maybe if the influencers repeatedly say school is a waste of time, that's the best solution, but it's useless. Wasted time to and from school, wasted time to and from class, wasted time in between classes, and if it's private, wasted and stupid. It's all a waste of money and tuition and all that, but why is that? As for, when it's totalitarianism and that's the norm, it's like if you don't wear a mask this time, you're going to get fingered in the back It's because it makes us feel like we're unpatriotic, just like the rest of the world. That kind of localized, uniquely Japanese Galapagos totalitarianism is the result of smartphones and the fact that the global You can see that it doesn't make sense when it's in there, and you can rub it together in elementary school or something. If you engage with tweets that say, "Oh yeah, that's right... The older generation is trapped in the common sense of the word and ends up carrying it for the rest of their lives without being able to take it off like the cursed helmet in Dracula 3, but the younger generation is probably being brainwashed in a healthy way like school is a wasteland, so most of them still go to school mysteriously, but slowly it becomes normal to not go to school. That would save a huge amount of money and time, so you can devote yourself to football. Why do you think Japan's football world will continue to see more promising players like the second Shinji Kagawa and Daichi Kamata.

 

 

めちゃくちゃうまい。サッカー選手は全く使わないアカデミックな座学完全に断捨離して次の香川真司、鎌田大地目指せよ。

そこ断捨離してYouTubeで倍速してまあ勉強というか知りたいの知って、それやりながらサッカーいくらでも練習できるだろ。

例えば、ダイソーで300円のBluetoothイヤホン打ってるからそれつけて、mineo500mbの700円のSimにパケット放題の380円のオプションつければYouTubeも音楽もダダ流しで練習しながら音楽も情報収集できる。

多分インフルエンサーが学校オワコンって繰り返し言ってると、それは最適解なんけど、無駄に学校への往復や授業までの無駄な時間と無駄な授業と合間の無駄な時間と私立なら無駄に馬鹿だかい授業料諸々と全てが無駄なんけど、なぜそれか?については、全体主義でそれが一般常識になると、今回のマスクしないと後ろ指さされるみたいなのと同じように、非国民扱いみたいになるからなんだよね。

そーゆーローカライズな、日本独特のガラパゴス全体主義スマホがあり、グローバルの中に入ってると意味不明ってのは小学校とかでも擦り合わせてわかる。あーやっぱそーなんだーってツィッターとかみてれば。

そーすると上の世代は意味不明なガラパゴス的に一般常識に囚われてドラクエ3の呪われた兜みたいに装備外せないまま一生それ背負って終わるんけど、若い世代は多分学校オワコンみたいな健全な洗脳を浴びてるから、多くはそれでも謎に学校行っちゃうんけど、じわじわーっと学校行かないのが当たり前になる

そうすると膨大なお金も時間も節約できますから、サッカーに打ち込めるということなんですよね。

なんで僕は日本のサッカー界はさらに第2の香川真司鎌田大地みたいな有望な選手が続々と出てくると予想します。

 

 

#サッカー

#soccer

#香川真司

#鎌田大地

#日本

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鳥谷敬選手と写し鏡

阪神からロッテに今年から移籍した鳥谷敬選手について、母校の3個上の野球部の先輩なんだけど、ぶっちゃけ僕は阪神タイガースで活躍してた時とか全く興味関心なかったので、試合も観てなかったしたまーにニュースで観るくらいだった。また野球とかプロ野球に対する興味も薄れてきてて昔はプロ野球が生活の中心で全ての情報を追ってたし野球もテレビで大体観てたけど夜フットサルするようになってからしなくなってった。今は一切プロ野球は興味ないから正直観てない。けど、やっぱり鳥谷選手が甲子園にせいぼー学園で初出場したからそれを中三の夏家でテレビで観てて安直にここに行くべって高校受験そこ目指した。だからというわけではないんだけど、なぜ僕は鳥谷選手に今何となく注目と応援をしてるかというと、実際の本人の選手としての能力と世間一般やメディアが観るそれとは乖離があるということ。簡単に言うと、本人はまだできるんだけど、世間一般とかメディアは「もう歳だから」とか「サードセカンドにコンバートするべき」みたいな型というか一般的なイメージに収めようとする。僕はそんな事ないと思う。なぜなら、年齢は単なる社会的な幻想で、衰える衰えないはそれとは関係ないから。例えば山崎武司さんは中日で主軸を打ちオリックスから最後の方は楽天に移籍したんだけど、オリックスとかでは微妙だったけど、野村監督との縁も会って楽天でめっさホームラン打つようになったけど、35歳を多分ゆうに過ぎてた。だから、年齢と共に衰えるというのは幻想だ。それを信じてしまえば自分は自己達成予言の如くそのような現実になっていってしまうんだけど、そのパラダイムを信じるかどうかの自由は自分にある。何が言いたいかと言うと、それは写し鏡という事。鳥谷選手を見てこう思うっていうあなたの意見はあなたのパラダイムを反映してる。例えば38歳なら衰えるだけだから活躍できないともしあなたが考えるなら、あなたは年齢と共に身体は衰えるという幻想を信じている。だからあなたは実際にそのようになる。だけど、可能性の原則がありますから。僕は年齢関係なく良くなっていくという可能性の原則を個人的には信じてますから、多分鳥谷選手は今年以降ロッテのチームの勝利に貢献するような存在になって、その影響力は大きくなっていくと予想しますから、チームもポジティブな雰囲気になっていけばよりよくなって行くと思いますね。

 

 

 

#鳥谷敬

#鳥谷

#ロッテ

#千葉ロッテマリーンズ

#00

#プロ野球

#遊撃手

千葉ロッテマリーンズに移籍した鳥谷敬選手、綺麗な流し打ちで今期初ヒット


https://twitter.com/ri__sk_15/status/1270250256911851520?s=09

 

 

昨日鳥谷選手がヒット打ったらしい。動画で観たけど三遊間に綺麗な流し打ちだった。状態は良いように見えた。他のボールの待ち方やファールの質とかで状態把握できるけど、あのヒットを見る感じだと良さそう。なぜなら、たまたま来たたま降ったら当たってたまたまヒットになったというヒットではなくて、意図して自分の間といいますか、当てるポイントまで引き付けて、反対方向に意識して、そっちに打ってるような打ち方に僕には見えた。つまり、三遊間を元々意識してたようにみえた。そこに綺麗に流し打ちしてる。バットコントロールが優れている人は、自分がここに打ちたいと思う所に打球を打てる。状態が良くないとそれが多分できない。例えば下半身がばてたりしてて使えてないと上半身だけでスイングしてしまうとバットコントロールは簡単じゃなくなる。ロッテの井口監督は青山学院からダイエーからソフトバンクからメジャーに渡ってあっちでも世界一になったり主にセカンドで活躍した実績のある監督なんだけど、僕は井口監督の右打ちが綺麗すぎて大好きだった。何が言いたいかと言うと、井口監督自身もいわゆる巧打者で、毎年3割を超えるような打率と長打結構あったんだけど、右打ちがうまかったですから、当然同じ打者として、鳥谷選手の打撃は把握というか正確に理解する思います。共に巧打者共通の引き付けてバットコントロールして選球眼よくヒットも四球も選べて出塁率が高いというのは、左右違えど、その技術の原理原則は共通です。という事は、鳥谷選手の真骨頂のそれを正確に理解するというのは、他の投手出身の監督とかよりもより正確に現場で把握すると思います。なので、状態良くてチームの状況次第で僕はソフトバンクホーム戦の確か高橋とかいう右アンダーの先発がいたと思うんすけど、その辺で一番か二番辺りでスタメンあるんじゃないかと考えますね。特にヤフオクドームはアウェーなので、より有利じゃない環境ですから。右のアンダーはかなり得意ですよ(多分)3打席なら2回は出塁する予想しますね。

 

 

#鳥谷

#鳥谷敬

#千葉ロッテマリーンズ

#ロッテ

#井口資仁

#井口監督

#プロ野球

5/25開始された電動自転車のサブスクリプションサービス「ループ」について

 


6/3渋谷で見かけて今朝サブスクリプションあると知って申し込みした。5/25からスタートしたらしく、4億超えの資金調達をホンダジェット堀江さんとシェアしてた投資家の千葉さんとか元cashの堀江さんが天才って言ってる最近は価格自由とかファンクラブ的なサービスとか天才連続起業家の光本さんとかメルカリの人とか芸人のロンドンブーツの淳さんとかがいる。

 


f:id:taka7187:20200604044142j:image

昨日見かけて気になったので忘れないように撮っといた

 

 


f:id:taka7187:20200604044210j:image

サブスクリプションさっき申し込みした

現段階はiPhoneアプリのみ

Androidも今後追加なるんね

 

 

まずコンパクト、乗りやすそう、省スペースの自転車ポート、ポートのスケールの可能性、ヘルメットについて。


まずコンパクトでオシャレ。これ女性が普段使いしそうな感じした。渋谷とか下北沢みたいなオシャレな人達はボロボロのメンテナンスされてないドコモのバイクシェアは選択肢には入りにくいけど、これは大きさもコンパクトでスタイリッシュな外見だから、そこの辺の層の親和性が高そう。

というのも、三密みたいなご時世も相まってるけど、若い女性の自転車乗るニーズはじわっと高まってきてる。

これは2年くらい前にウーバーイーツ始めた時に予想しててFacebookかHIUのグループに投稿した。なぜかというと、自転車で運動になるからダイエットや体の美しさを保つのに効果的だし、オシャレをして都心の表参道とか渋谷青山代官山とか散策がてら気分転換にもなってストレス発散になって一石二鳥だから。

最近だとめっさ綺麗な女性がイケてる自転車に乗ってたりする。これは男性側からの推測なんだけど、そういう綺麗な女性って綺麗とか注目されるみたいな承認欲求があるんじゃないかと街中の綺麗な人を見てるとよく思ったりするんだけど、自転車に乗ってると注目されますから、そういうニーズも満たせるというのもある


それで、省スペースについて、ドコモバイクシェアと比較すると、わずか2畳とかそれ以下のスペースに1台2台とか設置されてるケースがよく見かけた。

僕はこっちの方が筋がいいと思います。なぜなら、ユーザーからしたら、借りるのも返却も簡単だからです。

例えばドコモのバイクシェアを使ってると世田谷区とかは自転車のポートが無かったりするんですが、そうすると不便です。渋谷区や港区はめっさポートあって便利ですが。


そうすると至る所に返却ポートがあり、すぐに返せるということは利便性が高いということです。

それで僕はこのポートは営業次第もありますが、急拡大するかと予想します。

なぜなら、空きスペースを提供する側のお店や個人等も、1畳とか小さな自転車1台を止めるわずかなスペースを提供できるスペースは至る所あり、提供する側にもメリットがあると思うからです。

なぜメリットがあるかというと、LUUPのユーザーがついでにそのお店を利用する可能性があるからです。つまり、集客になるという事です。

例えば、西麻布の根津美術館の方に向かう途中にファミマがあり、ドコモの自転車ポートがありますが、しょっちゅうそこに自転車の交換で使ってきてますが、そうするとたまにドリンクとか小腹空いたらお菓子買ったりします。なぜなら自転車返却してトイレも寄ってそのついでに横のドリンク買えばちょうどいいからです。

そのような感じに薬局やスーパー、コンビニ、ホテル、ドン・キホーテとか、あらゆるお店やオフィスの一角の空きスペースがポートになる可能性があります。つまり、双方にメリットがあるということです。多分取引も導入コストゼロとかwin-winになる取引になってるんだと思いますし。


僕は安全についていつも思います。やはり、結論から言いますと、自転車というのは行動で乗る必要のない時代になっているという事です。

これは堀江さんがウーバーイーツとか辞める一択、死ぬリスクと天秤かけると割に合わない、新型かぜで死ぬリスクより自転車で死ぬリスクの方が高いと何度も言ってます。

僕は板挟みで自転車乗るのも運動するのも組織とか定時出社とかそれに迎合した睡眠時間削った無理な生き方したかないので、自由なのでウーバーイーツみたいなフードデリバリー気に入ってますが、交通の安全についていつも考えます。


100%模範的な自転車乗り方してるかというと全然そうじゃないですけど、もし、フードデリバリーの分野が拡大していって、そこに関わる人達が増えていけば増えるほど、事故で死ぬ人は間違いなく増えます。


だから堀江さんが言ってた辞める一択なんだと思いますが、慣れてるってもあって中々決断できないまま続けてます。


その1つに僕はヘルメットをやはり個人が自発的に被る事は、自分の命を守るために大事だと考えます。

なぜなら事故はゼロリスクはなく誰もが可能性はあるからです。はっきり言ってあなたが自転車に乗ってて今まで死ななかったのは単に運が良かったからです。自分がスマートで運転や状況判断明晰だからそれとは縁がないというのは幻想です。

頭部への衝撃でワンチャン死に至るし植物人間にもなります。

ヘルメットを被るという事は、自分の死ぬリスクを下げるのに効果的で、お金は2000円前後しかかからないからコスパ高いです。高めのヘルメットは装着感が良かったりするので、長時間使う人は1回あたりのコスパ買うと最初良い奴買った方が良いかもですが。


例えば、あなたがロシアンルーレットをやる時に10回頭に銃を当てて1回死ぬリスクあるとして、100回に1回にする為にお金払ったらそうなるならお金払うと思います。多分ヘルメット被るのはそれと本質は同じです。


事故になって死ぬ確率は何千万分の1とか確率はロシアンルーレットよりも遥かに低いんだと思います。けどヘルメット被ったら何億分の1とかになります

 

かなり蛇足しましたが、LUUPについて、ヘルメットが設置してあるような感じならいいなぁと僕は思います。なぜならみんなヘルメット携帯してませんから。僕は持ってきてますけど。


なんで、多分LUUPが拡大して注目されてくと多分堀江さんとかがどこかでこのサービスについて言及すると思いますが、これは革新的というよりもアップデートみたいな話ですね。サブスクリプションの電動自転車サービスのアップデート。

だけどドコモバイクシェアよりも良さげなので3ヶ月は月額で使ってみて、実際どんな感じなのかを今後アウトプットしていきます。


#LUUP
#電動自転車
#サブスクリプション